フリーエンジニアの不安材料としての収入

フリーエンジニアは不安も多い物だ。
これまで会社という頼もしいバッグが居たが、フリーになった瞬間、全てを自分で行わなければならないのだ。
フリーでやるのだから、ある程度、スキルには自信があるかもしれない。
しかし、実際にイメージしている物と現実とは離れている物だ。
その部分を理解して、フリーエンジニアとしてチャレンジしなければならないだろう。

まず、多くの方が考える不安材料の一つとして、収入の安定がある。
収入に関しては会社に雇用されているよりも増加する可能性が大と言える。
会社の場合はどれだけ腕が良かったとしても、決められた給料によって対価が支払われる事になるからだ。
一方フリーの場合は、そのまま提示された金額が入って来るのだから対価が大きい。
他にも、会社ではとにかく残業等もしなければならないし、拘束される時間はかなりの物になってしまう。
納期が迫れば休日を返上しても、とにかく間に合わせなければならないという問題があるのだ。
しかしフリーならば、納期に間に合えさえすればどんなにさぼっても、自己責任という事で時間のコントロールがし易いのが大きなメリットと言える。

だから収入面に関しては、フリーエンジニアの方が良いことが多いので、不安になる事は無いと言えるだろう。
しかし保証については、やはり雇用されていた方が有利な面もある。
そして仕事を選ばなければ薄利多売になり、労力と対価のバランスが崩れる問題が出て来るかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です