企業が求める人材としてのフリーエンジニア

フリーエンジニアは常に不安を抱えている。
それは将来の保障がない不安だ。とりあえず企業に所属していれば病気になって仕事ができなくても当面は給料を払ってくれ、対外的な仕事に失敗してもフォロをしてくれるだろう。
福利厚生もあるし、定年を迎えれば退職金も支払ってくれる。
しかし、フリーになるとそういったものが何もなくなり、仕事が途切れた時のことを考えて怯えなければならない。
そんな不安から決別しようと思えば、企業に求められる人材になり、仕事を発注してもらえなくなることはないという確固たる自信を持つことだ。

フリーエンジニアが企業に求められるようになるためには、何よりも卓越したスキルが必要である。業界内には優秀な人材が不足しているので、スキルを磨きあげることができればこれ以上ない武器になるだろう。
時間を自由に使えるフリーの強みを生かし、計画的にスキルを積み上げていくことが大切だ。

しかし、いくら技術力があっても納期を守れなければ、企業からの信用は地に落ちる。
受注した仕事は絶対に期限内に仕上げることは、肝に銘じておかねばならない。
それが故に、仕事の依頼が重なった時には断ることも大事だが、問題はその断り方である。
他に出来る人を紹介する、出来る範囲を提示するなどして、最大限の誠意を見せなければならない。
そういった細やかな心遣いが、人と人の信頼関係を強固なものにし、企業に対する信用の構築にもつながっていくのだ。

ここでは、フリーエンジニアとして不安を抱えず仕事に打ち込めるための参考サイト<<<フリーエンジニアのための不安解決Online>>>をご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です